ピルを服用できない人もいます

ピルが服用できない人

避妊、肌トラブルの改善、月経量の改善の効果があるのがピルですよね。しかし実は、中には服用できない人もいるのを知っていますか?
妊娠している人、特定の持病を抱えていて普段から他の薬を飲んでいる方などはピルを服用してはいけません。
「自分は服用していいのかな?」「初めてチャレンジするけど飲める身体かな?」と、自分がピルを飲んでいいのか分からなくて迷走している人のために!
本記事では、ピルを服用できない女性の例を紹介していきます。
あなたはピルが飲めるかチェックしていきましょう。

服用禁止されている人の例をチェック

ピルの服用禁止されている人の中には、乳がんや子宮内膜がんを抱えている人があげられます。確認してみましょう。

<服用禁止されている女性の例>
●乳がん、子宮内膜がん、子宮頸がん
●血栓症静脈炎、脳血管障害、冠動脈疾患
●糖尿病性腎症、糖尿病
●妊娠中に妊娠ヘルペスの既往歴がある
●妊娠中、または妊娠している可能性がある
●35歳以上で1日に15本以上喫煙している

もちろん病気になった経験がある人の中には、「もう治ったから大丈夫なのでは?」と思っている人もいるかもしれません。
しかしピルは薬なので、病気を経験した方にどのような影響をもたらすか一般の方では簡単に判断できません。そのため、持病を抱えている人または抱えていた人でピルを服用したい方はかかりつけ医に相談してからピルを服用しましょう。

ピルと同時に飲んではいけない薬を服用している人

どのような薬にも併用禁忌薬というものがあります。併用禁忌薬とは、まったくタイプの違う薬を同時に飲むと身体に悪影響を与える可能性がある薬です。
ピルの効果を減弱させる作用が働き、飲んでもいつものような効果を期待できなくなってしまいます。

ピルの併用禁忌薬は、抗てんかん薬と抗結核薬、抗HIV薬です。どの薬もピルと同時に服用することで、ピルの避妊効果を減退させます。
また精神安定系サプリメントであるセントジョーンズワートは、併用に注意してください。ダイエット系のお茶に配合されているケースが多く、ピルの効果を弱めるので注意が必要です。

ピルには年齢制限があった

ピルが服用できる女性は、基本的に閉経しておらず月経が続いている人です。しかし医学的観点から見ると、40歳からピルを服用するには医師と相談する必要があります。
その理由は、40歳になると避妊よりも健康を気にする必要があるからです。
40歳を迎えた女性は、徐々に卵巣の働きが鈍っていきます。そのためだんだん女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量も減っていき、身体にも様々な不調をもたらし始めるのです。
また血栓症や高血圧のリスクが高まってくるのも、40歳以降。高血圧の人は、ピルが服用できません。
「40迎えたけどこのまま服用していいのかな」と感じている人は、医師に相談しましょう。

自己判断で服用しない!

ピルを服用する際、特に初めて飲む方はかかりつけ医に相談してから服用するようにしてください。
友達から貰った、医療機関ではないところから買ったという人は大変危険です。
もし自分の身体に合わなかったり、持病があるにも関わらず飲んでしまったりすると思いもよらぬ作用が働くこともあるのです。
また普段から持病のための薬を飲んでいる人は、ピルと併用していいのかの確認も必要。自己判断で服用するのではなく、医師に診断してもらってから処方箋をもらいましょう。