1. 備えあれば憂いなし!アフターピルのアイピルを通販で購入   >  
  2. アイピルの副作用

アイピルの副作用

白衣の医師がペンを持っている

も副作用は存在します。もちろん「アイピル」も例外ではありません。アイピルにはどんな副作用があるのでしょうか?

ホルモンバランスを乱しますので、妊娠初期のような症状があります。ノルレボのジェネリックであるアイピルは比較的副作用は少ないとされていますが、吐き気、倦怠感、下腹部の痛みなどの副作用があるようです。もちろん発症は個人差があります。何ともない人もいれば症状が強く出る人もいるのでしっかり頭にいれておきましょう。これらの副作用は時間の経過とともに治まっていきます。

アイピルなどのアフターピルでもっとも気をつけたいのが吐き気による嘔吐です。服用してから2時間以内はまだ薬の成分が体に吸収されていないので、できるだけ吐かないように我慢しましょう。どうしても吐いてしまった場合はまた1錠飲みなおす必要があります。それでもさらに吐いてしまう場合は医師に相談が必要です。服用から2時間以上が経過した後の嘔吐は、身体に薬の成分が吸収された後なので再び飲み直さなくても大丈夫です。

ホルモンバランスを崩すアフターピルは、本来の生理周期を乱します。元の周期に戻るまで数カ月から半年かかる場合がありますので、服用する場合はこちらも頭に入れておきましょう。

アフターピルには高い避妊効果があるため、体への負担は大きく、健康状態によっては服用を避けた方が良い場合もあります。35歳以上で高血圧、糖尿病。肥満、煙草を多く吸う方はアフターピルを服用したことにより、血栓症を引き起こす可能性もありますので避けた方が良いでしょう。

副作用を知ることはとても大切な事です。これらの事を知識としてしっかり頭に入れておきましょう。