1. 備えあれば憂いなし!アフターピルのアイピルを通販で購入   >  
  2. アイピルを常備しておこう

アイピルを常備しておこう

黒い服の女性が手を出す

緊急避妊薬として避妊効果が非常に高いアイピルは、アフターピルとしてメジャーなノルレボのジェネリック薬品。有名なインドの製薬会社である「シプラ社」が開発製造しているお薬です。

インドの製薬会社と聞くと初めは驚かれますが、インドはジェネリック薬品大国として知られており、開発費用のかからないジェネリックは効果が高いにも関わらず安価な所がメリットです。その結果、インドのジェネリック薬品は世界中に流通しています。

アイピルなどのアフターピルはドラッグストアなどで購入する事は出来ず、医師の処方によって手に入れる事ができますが、個人輸入代行であれば厚生労働省も認めていますので購入する事ができます。

病院処方は1錠までしかもらえず、副作用で万一嘔吐してしまった場合などを考えると大変です。個人輸入代行で購入する際は、大量注文などはできませんが予備で買っておくぐらいであれば大丈夫なので、いくつか備えておきましょう。

個人輸入代行で購入する場合は医師の処方箋なしで買う事が出来ます。アフターピルは保険適応外であるため病院で商法されると1錠15000円ほどかかってしまうのに対し、アイピルは1錠1500円です。1500円であれば予備の分も購入しやすいですね。

購入した薬を他の人にあげたり売ったりすることは、法律違反なのでやめましょう。あくまで購入者本人が使用する場合のみに限られます。

個人輸入の場合は注文から商品が到着まで10日程かかります。海外からの直輸入のためです。アフターピルは72時間以内に飲む事が大切ですから、性行為後に個人輸入代行で購入しては間に合いません。ですからアフターピルは万が一に備えて常備しておく事をオススメします。緊急で必要になった場合は個人輸入ではなく必ず病院を受診しましょう。