ピルを服用し続けると不妊症になるの?

ピルと不妊症の関係性

望まない妊娠を防ぐピルですが、「不妊症になるのでは?」「妊娠しにくくなるのでは?」と変なウワサを信じている人もいるのではないでしょうか。
しかし実はピルは不妊症にも、妊娠しにくくなることもありません。そのため安心して服用できる避妊薬なのです。
今回はピルの逸話についての詳細を紹介していきます。

ピルの服用が不妊の原因にはなりません

ピルの長期服用を続けていくと、だんだんそのうち不妊の原因になるのではないだろうかという気持ちになってきますよね。
しかしそこは心配無用です。確かにピルは避妊効果のある薬ですが、長期的に服用したとしても将来不妊になることはありません。
そのため働き盛りの女性、役職がついていて今すぐ家庭を築けないという人でも安心して服用を続けていけます。

ピルは体内にあるホルモンの分泌量を調整して、排卵を抑制する薬。排卵を抑えて着床しにくい状態を作るのがピルの役目なのです。
そうすることで避妊をしているため、もちろんピルの服用をストップすると避妊の効果はなくなり妊娠できるようになるのです。
長年ピルを服用していた人が服用を中止すると、身体は少しずつピルを飲んでいなかった状態へと戻っていきます。
妊娠しやすいか、妊娠しにくいかはピルの服用歴とはまた話が違ってくるのです。

ピル服用中止したらどのくらいで妊娠する?

ピルは妊娠へは影響しません。では、ピルを服用している人が服用を中止して妊活をした場合、どのくらいの期間で子どもを作ることが可能なのでしょうか?
実のところ、こればっかりは個人差があります。
ピルの服用を中止した後は、すぐに排卵が再開されます。しかし妊娠するまでの期間には、個人差があるためすぐに妊娠した人もいれば、服用を中止した半年後に妊娠したという方もいるのです。

ピルの服用を中止して妊活をする場合は、ピルを服用していなかった時のように自分の月経周期を把握しておきましょう。
毎日基礎体温を記録して、月ごとで比較すれば周期が把握できますよ。

ピルを辞めても妊娠しない時は…?

「ピルの服用をやめてだいぶ経つ」「飲むのをやめたのに妊娠しない…」と、頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。
前述した通り、ピル中止後の妊娠できる期間には個人差があります。すぐに妊娠する人もいれば、半年から数年で妊娠する人もいるのです。
しかし、それとは別でまったく妊娠できない人がいます。そのような方々は、ピルの影響で不妊になっているわけではなくもともと妊娠できない体質である可能性があります。
また他の病気を抱えている可能性も、十分にあるのです。
例えば、子宮筋腫や子宮内膜症・無排卵性月経は不妊の原因になり得ます。
そのためピルを飲むのを辞めた人で将来子どもが欲しい人は、妊活を始める前に産婦人科で病気を抱えていないか検査してもらいましょう。